アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

じゅんこ徒然

クズですね

今日ご来店のラボーテファン
Sさまと兄弟の話になりました。

というか、
私が勝手に話始めたんだけど。笑

それでちょっと思い出した昔の記事。
アメブロ時代に人気だった記事を
引っ越します。

では、スタート(^^)

こないだ作っておいしかったモロヘイヤと焼き鯖丼。記事とは全然関係ない内容だけど。笑

いやぁ・・・
じゅんこさ、それ、どうよ?

ってことがありました。

先日、姉のところへ
遊びに行ったときのことです。

夜ごはん。
作ってくれた揚げ物が
めちゃめちゃおいしい。

パクパク食べてしまって、
最後の1個になりました。

「これ、食べてもい~い?」

食卓にいた3人に聞いてみました。

①甥っ子弟(当時幼稚園年長)
「もうおなかいっぱい、い~よ」

②甥っ子兄(当時小学校4年生)
「オレも食べたいけど、じゅんこおばちゃんが食べたいなら食べてもいいよ。」

③姉(おかあさん)
「お兄ちゃん、またすぐに作ってあげるから。
今日はじゅんこおばちゃんにあげて。
じゅんこおばちゃんは、
たまにしか食べられないから。」

②甥っ子兄(小学校4年生)

「うん、わかった。」

そして、ワタシ。
なんて言ったと思います???






















「やったぁ~!ありがとう~(*^。^*)」

 

って、おいーーーっ!
小学校4年生が「食べたい」って言っているんだよ?

 

あんた、叔母ちゃんでしょ?
かわいい甥っ子でしょ?
なぜ、譲らんかったのだ?
なぜ、食べた?
しかも、ノリノリだっただろ?

 

帰り道、猛烈な罪悪感に襲われました。

 

にしても
ずいぶんすんなり食べちゃったな・・・?

 

なんでだろう?

と、考えてみたんだけど、
こんな結論にたどり着きました。

年齢は関係なく、長男、長女の「気質」

お兄ちゃんやお姉ちゃん独特の
あのなんともいえない雰囲気。

相手が、たとえ小学校4年生であったとしても。

そこに甘えてしまったのだと思うんです。
ワタシは、おねだりで生きてきた末っ子なんで。

この話を何人か友人へ話題にしてみました。
その時のコメントもおもしろかったです。

44歳 女性、一人っ子 会社経営
「あぁ~そうだねぇ~気質だねぇ~
私だったら
”食べてい~い?”って聞かない。」

 

51歳 長男 設計技術師
「相変わらず食い意地が張っているな。
そして考察がおもしろい。」

 

43歳 長女 技術系OL
「うわぁーっ!末っ子っ!ホントやだっ!」

 

そして。。。

33歳 男性 3兄弟真ん中 研究職
「クズですね.」

す、すいません・・・
おっしゃる通りです・・・
もっと言ってください・・・

 

あなだったら最後の1個の時、
なんて言いますか~?

追伸
以前ブログアンケートを取ったとき、この記事が一番好きと言ってくださったラボーテファンのY.Kさま、ありがとうございました(*^-^*)

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

 

明日から「秋バテ」対策コーススタート!

詳細はこちらから