アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

ブログ

最新記事

脳の疲れを5分でとる方法

今日は、まずお知らせ。

ご存知の通り・・・
ラボーテの予約って急に埋まりだします。

お部屋も私のカラダもひとつだもんね(^-^;

「6月、予約が取れなかったぁ~!」
っというラボーテファンの方!

お早目のご予約をお待ちしています(^^)
オンライン予約はこちらから

ではでは、今日のブログのテーマ。
「やっぱりこれいいよ!」って話。

ラボーテじゅんこが続けていて効果的なので、
2年前の記事をアメブロより引っ越しします。

ではでは、スタート(^^)

それは、衝撃的な内容だった・・・
Facebookのタイムラインで流れてきた記事。

お経を聞きながら作業をすると、はかどる。

えっ?!そうなの?

 

ラボーテじゅんこ。

施術以外にも、
ラボーテと関係のない仕事もあります。
大学生でもあります。

ご予約とご予約の間に、
短時間でガッっと集中する必要があります。

ということで、やってみた!

【お経 作業】で検索すると、

ふつ~~に、
たくさん出て来てビックリしました!
結構一般的なのかな?

っで、
作業+お経やってみた結果・・・

全然無理でした(笑)

どちらかというと【妨害】に近かったです。

それだけ心地よいのです~~
聞き入ってしまうのです~~

ということは・・・

「こっちに使ってみたらどうだろう?」

と、思ってやってみたら大成功だった!
断然合っている!

その「こっち」とは・・・?

まず、
ワタシの仕事のやり方を少し紹介します。

ワタシは、施術以外の時間は、
50分1セットで仕事をしています。

10分の休憩をはさんで、
また50分1セットをします。

なんかのサイトで知ってから実践しています(笑)
メリハリがついてとてもいい♪

理由は簡単。
あちらこちらにある誘惑に負けてしまうから(笑)

今日だったら、
14時から夜までお客さまがご来店の予定。

10時~14時まで
50分×4セット。

ってな感じ。

っで、本題に戻ります。
ワタシが「こっち」の方が合っていると思ったのは、この10分休憩の間。

目を閉じて、
あぐらをかいて、
音だけに意識を向ける。

するとね・・・

たった5分聞いただけで、
めちゃくちゃスッキリする!

脳がリセットできる感じ。

指紋だらけになった
iPhoneの画面を布でキレイに
拭き取ったような

クリアな気持ちになれるんです!

今ワタシが気に入っているのは、
お経にソルフェジオ周波数528Hzが重ねてある。

ソルフェジオ周波数とは・・・
NEVERさんがまとめてくれているので、
リンクを貼ります。ソルフェジオ周波数

眠れないときにもいいらしいですよ。

なぜ眠りを誘発できるかというと、
一定のリズムの音楽を聴くと、
「脳の中でセロトニンが分泌されるから」
なんですよね。

以前ワタシが働いていた会社に、
眠れないときに落語を流すという人がいました。

これも、同じ原理ですね。

とはいっても、
好みはあると思います(^^ゞ

ワタシはもともと寺社仏閣や庭園が好き。

寺社巡り中にお経が聞こえてくると、
すぅ~っと引き寄せられてしまうくらい好き。

京都の知恩院なんてめちゃめちゃ好き。

こんなタイプの方には、
一度試してもらいたいっ!

でも・・・

 

 

 

何も知らないご家族が発見したら
間違いなく心配されるので
お気を付けください(^^)

お経 作業用

で、検索すると出てきます。

あなたのお気に入りを見つけてみてください。

脳の疲れを5分で回復する方法でした。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。
ラボーテの予約って急に埋まりだします。

お部屋も私のカラダもひとつだもんね(^-^;

「6月、予約が取れなかったぁ~!」っという
ラボーテファンの方!

お早目のご予約をお待ちしています(^^)
オンライン予約はこちらから

なかがまじゅんこの話。

前回のブログは、

サロン選びは「人選び」と言っても
いい過ぎではないです。

という話が結びでした。

なので今日は、

ラボーテエサンテのオーナーセラピストの

「なかがまじゅんこ」について

お話をしたいと思います。

今まで聞いたことがあるフレーズも
中にはありますが、
改めてお届けしていきたいと思います。

ではでは、スタート(*^-^*)

 

私はセラピストになる前、
10年間都内の企業でOLとして
働いていましたが、

当時は人間関係のストレスで
体調を崩しがちでした。

問題が起きるとその原因は
相手にあると決めつけ、
いつもイライラしていました。

その一方で、
顔はニコニコしていたので
側から見ると悩みなんて
なさそうに見えたと思います。

実際、
そんな風に振る舞っていました。

本当は、
「いい人を演じている自分」に
1番疲れ果てていたのに・・・

休みの日は
「もったいないなぁ~」と思いながら
1日中ダラダラと寝て過ごし、
日曜日の夜には気持ちがしずむ・・・

そんな日々の中で、
ココロのよりどころ。

それが、
アロマトリートメントを
受けることでした。

銀座、丸の内、恵比寿、六本木、
新宿、上野、川崎、溝の口。。。

都内で行っていない場所はないくらい、
あちこち渡り歩いていました。

施術を受けたセラピストの数は、
実に、のべ472人に上ります。

だけど、実際のところ、
アロマトリートメントを受けても
現実の問題は何も解決しません。

でも、
セラピストさんに
大切に扱ってもらうことで、

ささくれだった心が、
自然とゆるみ、
ゆるんだ心から
新しい活力が
生まれていたように思います。

今思い返すと、
この生まれてきた「新しい活力」こそが

「癒される」ということ
なのかなぁ~と、思っています。

心と体は繋がっている
と、よくいいますが、
私は違うと思います。

心「が」体と繋がっている
という信念を持っています。

なぜならば、
「朝会社に行きたくないなぁ〜」と思っても
何とか向かうのは
「やる気を起こす」という
「気持ち」があってこそだからです。

ストレスで「心」がささくれ立つことでも
血行が悪くなり数々の不調を
きたすことがあるからです。

話は少しそれますが、
ある心理学者の話によると、

もともと人間は、
”親切、思いやり、尊敬するように
プログラミングされている”そうです。

ですが、
働く女性が日常生活で感じる
「モヤっ」や「イラっ」の要素は
容赦なく次から次へとあなたに降り掛かり

あなたがどんなに

親切でありたくても、
思いやりもって接したくても、
敬意をを払いたくても、

思いと反して
叶わないときもあると思います。

なので、
積み重なったストレスや疲れを
サロンで心地よい時間を過ごすことで癒し、

家庭でも、職場でも
あなたが持っている「通りの力」を
充分に発揮できるような
心の状態でいていただきたい。

そんな思いで、
アロマトリートメントや
ホットストーン
リフレクソロジーなどの
施術をしています。

ラボーテファンの方に
心の余白を作れるように施術をしています。

なかがまじゅんことはそんな人です。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。7月のご予約がどんどん終了しています。オンライン予約でチェック!こちらから

現役のセラピストが考えるサロンの選び方

今日はサロンの選び方についての話。

「じゅんこさんってどんなところへ行っているの~?」

よく質問を受けるので書いてみました。

月に2回以上アロマトリートメントを受けている現役のセラピストが、
サロンの選び方についてお話をしていきたいと思います。

私の考えを整理しながら綴ったので
少し長めになっています。

ゆったりとした気持ちで
読んでいただけたらと思います。

正直に告白すると
私は失敗した方が多いです^^

そのくらい、
お気に入りのサロンを見つけることって、

難しいことなんだと思います。

そこで一番重要なのは

サロンでどうなりたいのか?

ということです。

ラボーテファンの方は、
「癒されたい」という気持ちになるとき
ご来店くださる方が多くいらっしゃいます。

そこで、問題。
「癒し」とは何なのか?

 

ラボーテじゅんこが考える「癒し」について
ラボーテエサンテのホームページの文章を引用します。

今、あなたの目の前に1枚の紙が、
裏返しておいてあります。

めくってみると、
ちょっと変わった手紙でした。

どんな風に変わっているかというと、

便箋の端から端まで、
文字でぎっしり埋められているのです。

そんな手紙を目の前にした時、
あなたはどんな風に感じるでしょうか?

改行も余白もない手紙は、
見ただけで少し苦しくなりませんか?

人の心も同じだと思うのです。

忙しさや疲れでいっぱいに埋め尽くされ、
余白がなくなった時に、

癒されたい・・・
という気持ちになり、

そして「気持ちいい~」と
心地よさを感じたとき、

自然と心がゆるみ、
ゆるんだ心は余白をつくり、
そこから新しい活力が生まれてくる・・・

この感覚が「癒される」ということ
かなぁ~と、私は考えています。

なので、
ここで選ぶ「正しいサロン」とは、

「心に余白」を作ってもらえるサロン。
という風に定義したいと思います。

では「心の余白」を作るとは
どういうことでしょうか?

施術が上手なことはもちろんですよね。

じゃあ、上手ってだけでいい?

私は大切にもてなしてもらえることが
最低条件「必須」だと考えています。

電話の受付から始まり
サロンの入り口でお迎え、
トリートメントルームへ入り、
施術がスタートして、お見送り。

この一連の流れの中で
大切にしてもらったという
満足感を得られるかどうかです。

これは大手チェーン店でも、
マンションの一室で
営業されているような
個人店でも変わりはないと思います。

では、
その探し方です。

今はネットで検索をすることが
多いと思います。

基準にしやすいのは値段ですよね。

ここは重要なので経験談も織り交ぜて
丁寧にお伝えしていきたいと思います。

率直に言って
10分1,000円を切っているところは
おススメしません。

今はアロマトリートメントでも、
60分3,000円なんて価格帯のサロンが
ゴロゴロしています。

今から私の失敗談をします。

先日、怖いもの見たさで行ってみた
60分4,500円のサロンで受けた
ホットストーンで、

背中にやけどを負いました・・・

施術の技術もひどいものだったので、
まだ経験の浅いセラピストだったのでしょう。

破格の価格設定をしているサロンは
セラピストのモチベーションを
保てていないなぁ~と感じることが多いです。

そういうところで
大切にもてなしてもらうことを、
期待することはなかなか難しいものです。

では、
10分1,000円以上のところだったら
いいのでしょうか?

アロマトリートメントだったら、
ひとつの目安だと思っています。

ただ、
駅ビルやショッピングモール、
デパートなどの商業施設内は、

テナント料などの費用が
かかっているので、施術代に
乗っけなくてはいけません。

施術技術とイコールに
ならないことも時にはありますが、

教育は一貫して行われているので、
最初のセラピストで
たいていのことがわかると思います。

大手のサロンで働いていた経験からお話すると、
研修期間が一番キツかったかもしれません。

今までの話をまとめると
値段が10分1,000円以上で、
駅ビルやデパートに入っていないところ。

つまり、
路面店で10分1,000円以上のところ
ということになります。

ここをクリアできると
失敗率がグっと低くなります。

他には、
電話で問い合わせをしてみる
のはおススメです。

実際の声を聞いてみると、
話し方、声のトーンによって、
セラピストやサロンの雰囲気が
想像しやすくなると思います。

ここで「雑に扱われたな」と感じたら
そのサロンにはいかないことを
おススメします。

100%失敗します。笑

今日は「癒される」サロン
「心の余白」を作ってもらえるサロン
とはどんなサロンか。

についてお話してきましたが、
次で最後になります。

そして、
これが意外と重要な点です。

それは、
サロンのコンセプトです。

これは個人の好みの部類になると思いますが、

サロンを開業した人が
どんな情熱を持っていて、
何に重きを置いているのか。

あなたの考える癒し
サロンが考える癒し
合致しているか?

サロン選びは「人選び」と言っても
いい過ぎではないです。

ご存知の通り施術とは、
人の肌と人の肌が触れ合うものですもんね。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。7月のご予約受付中~♪オンライン予約はこちらから

色気より大切なのは〇〇でした。

ラーメン二郎。

「ジロリアン」などという中毒者を生み出すくらい特殊な個性のラーメン。

もはやラーメンというより「二郎という食べ物だ」とも言われている。

ワタシの中では

 

「キング オブ ジャンク」の地位にいる。

たまにムショーに食べたくなる。


このモリモリにんにくがたまらない。

 

このラーメン二郎。
甘酸っぱい思い出があります。

社会人1年目。
特定の恋人がいないジュンコ。

1人の男性を紹介してもらいました。
7歳上でちょっとキザな(笑)T村さん。

付き合う前のデート。
連れて行ってくれるお店はいつもおしゃれ。

ワインとチーズを楽しむ。
・・・みたいな感じ。

まだバーとか知らない社会人1年目のジュンコ。

T村さんが目の前いることはもちろん。
慣れない場所にも緊張をしていました。

そして・・・

いつもお腹を空かせていました(笑)

虚弱体質で食が細かったのは小学校まで。
中学くらいから、とにかく食べる子になったワタシ。

ガッツリ食事がしたいなぁ~

ワインとチーズを目の前に、
うっとりした時間を過ごしながらも、
そんなバチあたりな事を思っていました(笑)

でも、モリモリ食べる女性って思われるのも恥ずかしくて言えませんでした。

「せっかく連れて行ってくれるお店をけなすの?」

そんな風に嫌われてしまう気もして。

なので・・・

いつも1人でラーメンを食べて帰っていました(笑)
ちなみにこれは久地の金成さんの味噌ラーメン。

何度目かの週末ドライブデート。
ついに事件は起きました。

「じゅんこちゃん。
今日の夜ごはんはラーメンでもいいかな?
僕が学生の頃から好きなラーメン屋さんなんだけど。
きっとボリュームにビックリすると思うんだ。
でも、全部食べきれたら、なんでもじゅんこちゃんの言うことを聞いてあげるよ。」

「へっ!?」

「まあ、とりあえず行こう!
そして、食べきれなかった時には僕のお願いを1つ聞いてほしい」

っで、着いたのがラーメン二郎でした。
並んでいる人はみんな男性。

おぉ~!!!

いつもとは感じの違うお店にびっくりはしたけど・・・

当時も今も食べきることは、たいしたことない(笑)
っというより、ボリュームにテンションマックス!

食べ終わった後の私を見つめるT村さん。
この世のモノとは思えな生物を見る顔でした。

ヤダよね・・・
こんなガッツリ食べる女性なんて。

 

「ワタシね、本当はガッツリご飯が好きなの。」

 

「なぁ~んだ!
そうだったんだぁ~!
じゃあ、いつもモノ足りなかったでしょう~?
早く言ってくれたらよかったのに!」

 

と、ハッピーな結末を迎えることができたのでした(笑)

当時は二郎の前を通る度。
2人で深く頭を下げていました。

そ~んな乙女の頃。
今でも二郎のスープの味で思い出します。

6月のご予約状況です。

23日(土) 11:00~ 18:00~
24日(日) 受付終了
25日(月) 19:00~
26日(火) 受付終了
27日(水) 受付終了
28日(木) 14:00~
29日(金) 終日
30日(土) 14:00~のみ

技術系OLから転職したセラピストのせつなかった話

今日は、3年前に書いた話。
ちょー個人的な話。

健康や美容の小ネタもなく。
ラボーテのお得な情報もないです。

真剣に最後までないです(笑)
(注)回想なんてしちゃうからそこそこ長いです。

こないだね。

ちょっと。
・・・いや、

実はかなり、凹んだことがあったんですよ。
まだちょっと立ち直れていなくて。

このブログを読んでくれているあなただったらわかってもらえるかなぁ~と思って、綴っています。

どんな出来事かというと…

えっと、まずは昔話から。
ワタシが技術系OLをしていたこと。

このブログを読んでくれていたり、
ラボーテのお客さまだったら、
知っている方も多いと思います。

その技術系OL時代。
ワタシのストレス発散方法は、
サロンへ行くことでした。

ココロにモヤモヤがたまったとき。
ワタシは誰かにブチまけても
発散できるタイプではないんです。

言葉にすることで、
さらにふかく刻まれて逆にグッタリしちゃう。

だから、心地よさの中へただただ身を置いて~
あたまをからーっぽにする。
それがスッキリできる方法でした。

そんなこんなで。
ワタシは、どこのサロンへ行っても
言葉少なめのお客さんでした。

「今日の気になるお疲れはどんなところですか~?」

なんて、聞かれても

「ねむいです(苦笑)」
としか言いませんでした(笑)

こんなワタシには、
お気に入りのサロンがありました。

10日に1回くらいのペースで通っていたかな~

セラピストさん達はわかってくれていて。
話かけてこない。

だけど丁寧に接してくれていました。

そして、
ワタシは丁寧に扱ってもらうことで、
満たされていました。

だから、セラピストに転職してもお世話になっていました。
なんか溜まってきたなぁ~なんて時の、とっておきの時間にしていました。

が。。。。

先月、行った時。
衝撃的な宣告を受けたんです。

「来月でクローズすることになりました。
今年で15周年の節目だったんですけどね。」

「えっ?なんで?
こんなにいいサロンなのに!」

「中釜さんみたく言ってくれるお客さまばかりだったらいいんですけどね。
やっぱり、60分2,980円にはかなわなくて。」

最近ほんと増えたもんね。
60分2,980円のお店。

うむ…
うむ…
うむ…

「120分14,500円・・・
もっと高くてもいいんじゃない?」

ラボーテのお客さまはこんな風に言ってくれる。

改めて感謝です・・・
ありがとうございます。

こないだの定休日。
仕入れをしに都内へ出かけました。

帰りに寄ってみました。
本当に看板はなく解体工事中でした。

わかっていたんだよ。
わかってはいたんだけど。

淋しい気持ちいっぱいで
少し動けませんでした。

しばらくの間、ぼーっと眺めていました。

”ラボーテは来月でクローズします”

・・・って、ここに書かれたら
淋しく思ってくれますか??

ちょっとだけ想像してみてください(笑)

ちなみに、このなくなっちゃったサロン。
価格帯はラボーテと同じくらい。
めちゃくちゃ高い訳じゃない。
むしろ、セラピストさんの質を考えたら安いくらいなのにな。

60分2,980円…なんだ。
60分2,980円…、いいの?
60分2,980円…、いいの?

なんか、いろいろ考えちゃた仕入れの帰り道でした。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。夏アロマめっちゃ人気だから香りに来てね♪

6月週末のご予約状況です。
16日(土) 満席
17日(日) 満席
23日(土) 11:00~のみ
24日(日) 満席
30日(土) 14:00~のみ