アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

ブログ

最新記事

バカすぎてすみません。笑

先日、甥っ子達と一緒に
磯遊びをしてきてました。

ウニもたくさんいました。
捕まえたカニは全部で150匹くらい。

ウニもカニも最後は海に返す。
これは磯遊びの鉄則です。

下の甥っ子は泣いて大変だったけど
今年は、泣かずにサヨナラできました。

成長したなぁ〜ってちょっとウルっ。

しか~~し!

下の甥っ子は、
一匹一匹にサヨナラしながら海に放つのです。

150匹とのお別れは
まあまあ時間もかかります。

それでも一緒に数を数えながら
デレデレしている叔母バカです。笑

叔母バカじゅんこは、
なんでも「いーよ、いーよ」の
いいとこどりです。

でも母親って、
それだけではいられない。

生活をしていれば、怒っている方が
もしかしたら、多いかもしれない。

怒ることって、
ものすごーーくエネルギーを使うことで、
お母さん業で一番疲れることかもしれないな、
と、姉を見て思っています。

叔母バカなワタシですが、
以前、一度だけ、甥っ子達に
きつく言ったことがありました。

食事中に、姉に向かって
「お母さん、お茶」
と、コップを出した時です。

「お茶をどうしてほしいの?
きちんと”お願い”をしてください。
お母さんがお茶を出してくれるのは
当たり前じゃないのよ。」

反抗期がひどかったワタシ。
「お母さんは召使いじゃないのよ」
と、母に大泣きされたことがありました。

だから、甥っ子達が言ったことが
気になったのかもしれません。

先日も、食事中にきちんと
「お母さん、お茶ちょうだい」
と、言っているのを
聞くことができました。

ずっと守ってくれていることが、
とってもうれしかったです。

お盆だったからかな。
最近、家族の話題が多いな。

急に秋めいてきましたね。
平成最後の夏。
どうぞ素敵な時間をお過ごしくださいませ(*^-^*)

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

夏限定コースは8月で終了です。

明日・・・なぜか少し空いています。

 

 ちょっと覗いてみてください♪
お友達申請してくれたらさらにうれしいです(^^)

【閲覧注意】フランキンセンスの香り~たまには頭を使え!

先日の夜。
風邪をひきそうになりました。

頭が重い。
寝ても寝ても眠い。
咽が痛い。

まずい。。。

だけど、このひき始めが肝心!

このくらいの症状なら、
まだアロマでなんとななる段階。

ベタなところで
ティツリー。
ユーカリ。

他に何かあったけ?
アロマの本をめくる。

フランキンセンスに目がとまる。

気管支炎、喘息、副鼻腔炎、咽頭炎。

これだ!

だけど、フランキンの香りは
どうにもこうにも苦手。

香りの好みって日によって変わるけど、
いいと思ったことが一度もない香り。

うむ。。。
だけど、仕方ない。

フランキンセンスを
ホホバオイルで2%に希釈。

更にティツリーの原液を
ドバドバ入れて咽に塗る。

3時間後。

咳が止まらなくなりました。
結構長い間。

その後・・・

直径8mmくらいの痰が3つ、
「ポロ」っとでました。

本当に「ポロ」っと。

数分後、重かった頭は軽くなり、
咽の痛みもどこへやら。

そして、復活しました。

ちなみに・・・
痰は、細菌感染を起こしているために、集まった白血球と細胞などがたくさん含まれているから黄色く見えるそう。

ワタシの白血球。
こんなにボロボロになるまで
戦ってくれたんだね、
ありがとう(T_T)

本来アロマテラピーは、
香りを楽しむもの。

「好きだなぁ~」
「いい香りだなぁ~」
と思う気持ちを、
日頃から大切にしています。

なので、効能に書いてある内容だけで
使用することはあまりありません。

だけど、ココロだけでなく
頭も使うアロマもたまにはありだな♪
と思った出来事でした。

【注】
精油は基本的に原液を塗ることはできません。
自分のカラダで人体実験を繰り返した結果、ティツリーとラベンダーは大丈夫でした。
原液の扱いには充分気を付けてくださいね。

夏限定コースは8月で終了です。

週末はほぼ満席です。

お早目のご予約をお待ちしています(^^)

 

 

ちょっと覗いてみてください♪
お友達申請してくれたらさらにうれしいです(^^)

ビンタしたくなる子供

今日も徒然なる話。

先日、甥っ子達と一緒に
バーベキューをしました。

ホタテには貝が付いている。
エビは硬い殻でおおわれている。

私は子供の頃、青森の親戚の家で
バーベキューをして知ったと記憶しています。

子供の頃に知っているって
大事だなぁ~って思っています。

子供の頃に本物を知る。
今になってありがたく思います。

ワタシの母は煮干しと昆布から出汁をとって味噌汁を作ってくれていました。
とある朝の味噌汁を飲んでワタシはこう言いました。

「今日の味噌汁おいしい(*^_^*)」
「そう~。本当にインスタントが好きな子ね。」

母は時間がない時は、
ほん○しで作っていたそうです。

ワタシは、母が作ったおにぎりより、コンビニのおにぎりを食べたがりました。

母が漬けてくれたぬか漬けより、合成着色料で黄色くなったたくあんを美味しいと言いました。

ジューサーを使って絞ってくれたオレンジジュースより、ファンタオレンジを買って欲しいと言いました。

タイムマシンがあったら、当時のワタシにビンタのひとつでもくれてやりたいと思うくらいのひどい発言の数々。

手間をかけて作ったものよりおいしいと言われてどれだけ悲しかったでしょう・・・

想像しただけで、
胸が張り裂けそうになります。

でも、ワタシが子供の頃の母は
いつも笑顔でした。

度々、登場します。
ハンコをついたような母娘。笑

そして、35年以上経った今。

きちんとお出汁をとった味噌汁、こんな食文化のある民族に生まれたことに感謝します。

焚きたてのご飯でむすんだおむすび、食べた瞬間に口の中に幸せが広がります。

ぬか漬け、塩漬け、家で漬けたものは、カラダが喜びます。

清涼飲料水、滅多な事がないと飲みたいと思いません。

シンプルな味は、
子供の頃に知っていれば舌が覚えていて、

大人になると必ず戻ってくると
本で読んだことがあります。

そんな話しを母にしてみました。

喜んでくれるかなぁ~と思ったのですが、
「ふ~ん。そうなの?昔のこと、よく覚えているわねぇ~」
と、反応は薄く、それより。。。

「とにかくね!
ふりかけご飯とおかししか食べなくて本当に大変だったのよ!
保育園では、男の子を平気で蹴っ飛ばしたりしてね。
お母さんね、毎日先生に謝ってね。
お迎えに行くことが本当に苦痛で仕方なかったんだから!」

何度も聞かされたことのある、
悪ガキのエピソードを
延々と語る母なのでした。

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

夏限定コースは8月で終了です。

週末はほぼ満席です。

お早目のご予約をお待ちしています(^^)

 

 

ボヤき

突然ですが、この写真、
ファミマの焼き鳥の宣伝ではありません。笑

今日は、ある休日の話。

出先でふと目に止まった光景。

小学校6年生か中学生くらいかなぁ~
少年が4名で野球をしていました。

時間は昼の2時。

1日で一番暑い時間。

エアコンの効いた部屋で
ゲームじゃないんだな。

いまでもこんな子達がいるんだぁ~

熱中症が心配な半分、
ちょっとうれしくなりました。

近くのベンチに腰をかけました。

最初は眺めていただけだったけど、
自然と目が真剣になりました。

ワタシは中学校の3年間
ソフトボール部だったので、

そして・・・
気が付くとボヤき始めていました。笑

「センター!今のノーバンでしょーっ」

「ナーーーイス、バッチン♪」

「ショート、
まえまえまえーーーーっ!
突っ込んでーーーっ」

「ナイススローっ。」

「ファースト、しっかり足付けとかなきゃ。
今のタイミングセーフだなー」

はっ!と我に返る。
急に恥ずかしくなりました。

今のワタシ。
完全に草野球を見ている
オッサンじゃないか(笑)

そのまま
中学時代の事を回想し始めました。
ワタシはエースピッチャーでした。

だけど、エースとは名ばかりで。
打たせてとるチームでした。

引退の夏。
最後の一球はサードのファインプレーでした。

今でも鮮明に覚えています。

ファーストがしっかりキャッチした瞬間。
マウンドにみんなが集まり、

ぐちゃぐちゃに泣いている
顧問の先生を胴上げしました。

公園に目を戻す。
グローブあるなぁ~
仲間に入れて欲しくなりました。
声をかける勇気はありませんでした。

なごり惜しい気持ちのまま、
その場をあとにしました。

だけど、こみ上げてきた
27年前の熱い気持ちは
胸に残っていました。

今日もオチはありません。
思い付きブログでした。

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

夏限定コースは8月で終了です。

ご予約は15日まで
ほとんど埋まっています。

お早目のご予約をお待ちしています(^^)

 

 

手相を見てもらいました。

今日はオチのない昔話。
早速スタート。

走るの続けています。最近は暑いので夜ランです♪


むか~しむかし。
まだ、セラピストになりたての頃の話。

銀座を歩いていたときに
ふと目にとまった易者さん。

なぜか見てもらいたくなりました。
もちろん、こんなことは生まれて初めて。

しかも、
その易者さんは全然「っぽく」なくて(笑)

Tシャツ姿で
キャップをかぶっている。

さらに、
私が声をかけたときは、
コンビニ弁当を食べ終わって、
あわてて袋に入れている時でした。

どうしてそんな「っぽくない」
易者さんに魅かれたのかは
正直わかりません。

まあ、
そういう易者さんを選ぶところは、
ワタシ「っぽい」(笑)

その時は、
こんなことを言われました。

めずらしい手相ですね。
変わっているってよく言われるでしょ?
中途半端にいろいろできちゃいますね。
あと結婚経験がありますか?

次から次へと当てていく・・・

サービス業ですね。
今辞めたいでしょ?

あなたはね
おとなしく組織に納まっていられるような
タイプじゃないんですよ。

窮屈そうですね。
独立しなさい。

必ず成功しますよ。

その半年後・・・

なんとワタシは、


せっかく入った大手のサロンを辞め、
ラボーテエサンテで
働いているのでした・・・

なんかさ、
どこまでどうでそうなったのだか
今思い出すとなんとも言えないのだけど、

やっぱりね~

成し遂げたいことって
人に話したりして、巻き込んだり、
書いて自分に落とし込んだりして、
することって大事だと思うんです。

この時は、
辞めて独立したいって気持ちを
誰かに押してもらいたかったのかも
しれないと思います。

それが、利害関係も責任もない
易者さんだったから
余計に耳に入ってきたのかなぁ~って。

今日はガチっとしたオチはありません。
ふわぁ~っとした思い付きブログでした。

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

夏限定コースは8月で終了です。

ご予約は15日まで
ほとんど埋まっています。

お早目のご予約をお待ちしています(^^)