アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

流れにのらないオンナ。笑

流れにのらないオンナ。笑

お正月も明け、日常に戻ってきて
ほっとしているのは私だけでしょうか。笑

正直に告白するとね・・・
なんとなく苦手なんですよ。

お正月の世の中の雰囲気が。笑

なので毎年あまり目立った
外出をすることは少ないです。

最近は青森で過ごすことが多いので、
寒くて外に出る氣が起きない
というのもありますが・・・笑

そんな私が今年注目した行事。

それが旧正月。
今日は知っているようで知らなった
旧正月のことを少し調べてみたので、
記事にしてみました。

旧正月とは?

旧暦の正月のことを指します。
では旧暦とはなんぞやということになります。

旧暦=太陽太陰暦のことです。

コトバンクによると
月の満ち欠けのほかに,
1年間の太陽の動きを考えにいれた暦。

昔の日本はこの暦を採用しており、
これがいわゆる旧暦と呼ばれるものです。

明治6年に改暦され、
現在の日本は「太陽暦(グレゴリオ暦)」
と呼ばれるものを暦として採用しています。

それからは、
太陽暦が1月1日を正月としたため、

旧正月をお祝いすることは減ってきましたが、

日本も、元々はこの旧暦に基づいて
お正月を祝っていたそうです。

個人的には・・・

なんとなーく、
旧正月の方がパワフルな氣がしています。

人が最初に季節を知るための手がかりとしたのは、
空の星であったといわれているが、
さらに月の満ち欠けも日にちを数える手がかりとして使われ、
この月の満ち欠けをもとに
世界各地で「太陰暦」という暦が作られるようになった。

Wikipediaより引用

古代の人は現代を生きる私たちより
ずっとずっと感覚がすぐれていて
自然と密につながっていて、
自分の感性を深く信じていたと思います。

今のような科学の力がなくてもね。

その時代の人たちが使っていたと知ると
やっぱり、月の満ち欠けも含まれている
旧暦を信じたくなってしまうのです。笑

女性と月の関係

女性と月って深い関わりがあると
よく言われていますよね。

私は新月に生理がスタートするタイプ。
スタートすると元氣になるので、
新月のデトックスと関係があるのかなぁ~
って、解釈しています。

ちなみに~
タイプとしては満月にスタートして、
新月に排卵する人が多いといわれています。

話題にしたことがないので、
実際のところはわからないですけどね。笑

と、話はそれましたが・・・

旧正月のお祝い方

旧正月。
アジア各国ではいろんなお祝いがあるようです。
その中で、私の目が止まったのが、
やっぱりゆず。

韓国では、お風呂から上がるまえに、
ゆずの葉とすりおろした皮を浸して、
あがり湯としてかけるそう。

う~~~ん♪♪♪
なんとも、穢れが浄化できそうでは
あ~りませんか~~(≧▽≦)

ということで作りました。
ゆず石けん。

日本では冬至にゆず湯が定番ですよね。

だけど、2月は寒い。
とにかく寒い。

風邪もインフルエンザも猛威を振るう時期。

その2月にもう一度ゆずで
身を清めるのもいいんじゃないかなぁ~
って、ヒトリでときめいています。

きっとラボーテファンのあなただったら
おなじようにときめいてくれる・・・はず。笑

旧正月は毎年日付が変わり、
2019年の旧正月は2月5日だそうです。

ゆずの香りと共にすごす
ひと味違うお正月のお祝い方。
いかがでしょうか?

冷えたお体がぽ~かぽかに温まる
ココロもホっとゆる~む
ホットストーンアロマトリートメントの
ご予約はこちらから

«