アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

泣いた後の〇〇

泣いた後の〇〇

ご存知の方も多いと思いますが・・・

私・・・

 

 

 

 

 

 


めちゃめちゃ涙もろいです。

【おもしろいくらい】
すぐに泣きます。

(20代の時こんな髪型をしているときがありました(笑))

実際、いろんな場面で

「あっ、じゅんちゃんもう泣いてる(笑)」

と、ネタになることも多いです(^^ゞ

「ありがたいね。。。」
「おめでとう!!!!」
「それはうれしかったよねぇ~」
「辛かったですね」
「痛いよぉ~」
「お別れだね・・・」
「なんでわかってくれなんだろう・・・」
「悔しい・・・」
「許せない・・・」

涙にはいろんな形がありますね。
人が感情と共に流す「涙」。
ワタシは好きです。

そこで質問です。

大泣きした後、
強い頭痛に襲われることありませんか~?

ワタシしょっちゅうです。
どうしてなのでしょうか・・・?

頭痛の起きる理由は、脳内の急激な血管の「膨張」と「収縮」によるもの

【膨張】
号泣するほどの感動や興奮により、交感神経が優位になった状態は脳に血液が溜まる。

【収縮】
副交感神経の鎮静作用で、溜まった血液を外に追い出そうする。

【なぜ?】
脳に血液が溜まった状態が長く続くと、血管が破裂したりして脳細胞が死滅してしまう為。

涙って感情とともに
溢れてくるものなので、

こうして淡々と書き綴っていると
複雑な気持ちになります(笑)

男性は「男の子なんだから泣かない!」と、
子供の頃から教育を受けている方が多いと思います。
でも、男性も女性も関係ない。

人が感情と共に流す「涙」
ワタシは好きです。

2回言いました(笑)

涙についてもっと詳しく知りたい方は
続きをご覧ください。

①原料:血液の液体部分
→個体部分は体内に戻るので、泣いた後は血液がドロドロになる。
→水分補給が必要

②成分: 98%が水。ナトリウムやカリウムなど電解質が混ざっている
→しょっぱいのはナトリウムの成分によるもの

③性質:弱アルカリ性

④しくみ:緊張や興奮により交感神経が優位になった状態から、バランスと整えるためリラックス神経の副交感神経が優位に状態に切り替えることによって出る。
→涙を作る「涙腺」は副交感神経によって活性化するため。

⑤コルチゾールという副腎皮質ホルモンが泣くことによって数値が下がる。
→コルチゾールは精神的ストレスを受けたときに分泌される
→コルチゾールは分泌される量によって、免疫機能の低下や不妊をもたらす。

⑥脳内ホルモンのひとつ「エンドルフィン」が泣くことにより増加する。
→エンドルフィンは強い鎮静作用がありストレスを緩和する。

⑦上記④と⑤の理由から涙をこらえることは緊張状態を長引かせてしまうので、健康によくない。

⑧上記⑤と⑥の理由から泣いた後はすっきりする。

 

涙って感情とともに
溢れてくるものなので、

淡々とした内容に、
少々複雑な気持ちになります(笑)

2回言いました(笑)

今日は涙のお話でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

« »