アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

危機一髪!

危機一髪!

今日は、ひとつの質問からスタートします。

ひとつのことに悩みすぎて
「本当の目的はなんなのか?」ということが、見えなくなってしまうことってありませんか?

今日、ラボーテファンAさまの言葉に
「ハっと」したので記事にしたいと思います。

ラボーテじゅんこ。
現在大学2年生です。

あるレポートでドツボにハマりました。
普段だったら4時間もあれば
仕上げることができる内容だったのです。

だけど、ひょんなことから
つまづいてしまったんですね。

同じことを書いたり消したり
繰り返し・・・
2週間経っても仕上がらない。

もーーーヤダーーーーっ!

って状態でした。

ですが、今日Aさまとの会話の中で

「本来の目的は、〇〇なのにね・・・」

という言葉を聞いて目が覚めたんです。

私は、何のためにレポートを書いているのだろう・・・

【レポートを期限通りに提出すること】が、
今、目的になってしまっていました。

違うんです。
大きな間違いです。

心理学を勉強している過程のひとつとして
レポートの提出がある訳であって、
提出するために書いている訳ではないのです。

もっというならば、
心理学を勉強している目的もある訳です。

それが、目の前の問題で、
いっぱいになってしまい、
本来の目的がどこかへいってしまっていたのです。

これって、日常の生活の中で
なんにでもあてはまる話であって。

例えば、部屋の掃除。

これは、
掃除を終わらすことが目的でしょうか?

もちろん!
タスク完了という達成感を得ることも
目的のひとつだと思います。

だけど、それだけではないと思うんです。

・キレイなところは見ていて気持ちいい。
・家族や自分が気持ちよく過ごせる。
・清潔に保つことで健康を維持できる。

などなど・・・

目的はひとつではないと思うんです。

そんなこんなで今日、
2週刊ほど進まなかったレポートを
提出することができました。笑

レポートが提出できない」という
目の前の小さな問題に気持ちが埋もれていましたが、

「なぜ、大学で心理学を勉強しているのか?」
と、視野を広げることができたからです。

 

今していることに対して
本来の目的はなんなのか?

物事を少しひいて見てみる。

すると、
案外簡単に解決してしまうことが
往々にしてあります。

問題に対しての焦点を小さくしぼると
問題を必要以上に大きく感じてしまうなぁ~
と、改めて実感しました。

Aさま、
お話自体もステキでしたが、

大切な気付きをいただきました。
ありがとうございました。

 

今日のブログは、
こんな質問からスタートしました。

ひとつのことに悩みすぎて
「本当の目的はなんなのか?」ということが、
見えなくなってしまうことってありませんか?

あなたはいかがでしたか?

« »