アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

【閲覧注意】フランキンセンスの香り~たまには頭を使え!

【閲覧注意】フランキンセンスの香り~たまには頭を使え!

先日の夜。
風邪をひきそうになりました。

頭が重い。
寝ても寝ても眠い。
咽が痛い。

まずい。。。

だけど、このひき始めが肝心!

このくらいの症状なら、
まだアロマでなんとななる段階。

ベタなところで
ティツリー。
ユーカリ。

他に何かあったけ?
アロマの本をめくる。

フランキンセンスに目がとまる。

気管支炎、喘息、副鼻腔炎、咽頭炎。

これだ!

だけど、フランキンの香りは
どうにもこうにも苦手。

香りの好みって日によって変わるけど、
いいと思ったことが一度もない香り。

うむ。。。
だけど、仕方ない。

フランキンセンスを
ホホバオイルで2%に希釈。

更にティツリーの原液を
ドバドバ入れて咽に塗る。

3時間後。

咳が止まらなくなりました。
結構長い間。

その後・・・

直径8mmくらいの痰が3つ、
「ポロ」っとでました。

本当に「ポロ」っと。

数分後、重かった頭は軽くなり、
咽の痛みもどこへやら。

そして、復活しました。

ちなみに・・・
痰は、細菌感染を起こしているために、集まった白血球と細胞などがたくさん含まれているから黄色く見えるそう。

ワタシの白血球。
こんなにボロボロになるまで
戦ってくれたんだね、
ありがとう(T_T)

本来アロマテラピーは、
香りを楽しむもの。

「好きだなぁ~」
「いい香りだなぁ~」
と思う気持ちを、
日頃から大切にしています。

なので、効能に書いてある内容だけで
使用することはあまりありません。

だけど、ココロだけでなく
頭も使うアロマもたまにはありだな♪
と思った出来事でした。

【注】
精油は基本的に原液を塗ることはできません。
自分のカラダで人体実験を繰り返した結果、ティツリーとラベンダーは大丈夫でした。
原液の扱いには充分気を付けてくださいね。

夏限定コースは8月で終了です。

週末はほぼ満席です。

お早目のご予約をお待ちしています(^^)

 

 

ちょっと覗いてみてください♪
お友達申請してくれたらさらにうれしいです(^^)

« »