アロマテラピーサロン La Beaute et Sante(ラボーテエサンテ)久地駅

武蔵溝の口駅から2駅の【久地駅】でホットストーンアロマトリートメントと角質ケアが受けられるサロンです。

仏教、あいさつ、想い

仏教、あいさつ、想い

今日は大学の講義(仏教)から考えたこと。

現在大学生のじゅんこ店長。
講義の中で仏教が一番好きです。

なんだかよくわからなけど、
焦燥感にかられるときって、
誰でもあると思います。

そんな時、今いちど
立ち止まって丁寧に行いたいこと。

それは「挨拶」です。

実は、挨拶って仏教語なんだそう。

もとは禅宗のお坊さんたちの間で
師が修行者の悟りを試すための
問答に用いられたものです。

「挨」は開く、
「拶」は触れ合うの意味があり、

お互いの心を開きあい
触れ合うところに
意味があります。

臨済禅 黄檗禅 公式サイト 臨黄ネットより

毎朝かわす何気ない言葉。

「おはよう」という
ヒトコトだけでも、

その時のその人の状態が
わかるときってありませんか?

「あれ?元気がないな?」
「おっ、今日はなんか機嫌がよさそう」

などなど。。。

これは”言葉から言葉以上の何か”を
受け取っているからですよね。

私たちは言葉を発することで、
言葉以上のものを伝えています。

触れ合っているのです。

なので、

その「挨拶」という形の言葉を
丁寧に届けることで、
自分の心も整うと考えました。

 

例えば・・・

ちょっと凹み気味のとき。

この凹みを伝えないように、
ちょっと明るめに伝えよう、と
少し相手を思って発してみる。

「おはよう(^^)/」

これは、
相手を思う気持ちから生まれていますが、
自分の口から発したものです。

言霊というくらいなので、言葉によって
不思議と元気になったりするものです。

また、
命に感謝「いただきます」
作り手に敬意「ごちそうさま」

私たちが生きていくうえで
食べることは必要不可欠です。

なので、この2つを丁寧に唱えることで、
心は自然と整ってくるものとも考えました。

感謝、敬意と触れ合うからです。

自分のことでいっぱいになったときこそ、
思いを込めて丁寧に「挨拶」をする。

そのお互いの心が触れ合ったところに、
元気になるきっかけがある・・・

仏教の講義中に思いついた
じゅんこ店長の考えでした。

今回から下にコメント欄を設けました。
ご感想などぜひお聞かせください(^^)/

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます。

疲れがぬけないラボーテファンの方~

ホットストーンでお身体を温めて、
あなたが持つ“内なる自然の力”を
感じにいらしてください。

 

 

« »

コメント

  • 平山恵子 より:

    今日は朝からダルダルでしたが、爽やかに挨拶してみました。7日、楽しみにしてます。

    • bs-aroma より:

      ひらやまさん、
      コメントをありがとうございます。
      実行に移すところ、さすがです!
      さわやかにあいさつ~♪
      ステキです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です